Page 2 of 5

タンデムを楽しもう!初めは後ろ、慣れたら前に出てみよう!

タンデムと言っても、タンデムシートに乗ったツーリングではありません。2台でツーリングする事をタンデムと言います。

ツーリングに慣れてくると、タンデムはとても楽しいツーリングです。

1.ビギナーは初めは後ろを走る

ビギナーは走り初めは後ろを走りましょう。パートナーがトップになって先導して右側を走るので、走行位置はトップの左後ろです。

タンデムのよさは、何と言っても2台だけの自由度でしょう。隊列を組む気遣いも少ないですし、走行中の意志の疎通も楽です。

気の合うパートナーとなら予定外の寄り道をしてもいいでしょうし、あらかじめ話し合っておけば、峠ではそれぞれに攻める事もできます。

ビギナー同士のタンデムで道に迷ってしまっても、心強さが違います。何があっても2人ならば何とかなると思えます。

地図を開いてああでもない、こうでもないと頭を寄せ合っているのも、楽しいアクシデントです。

2.慣れてきたらトップを楽しむ

タンデムで走る事に慣れたら、トップを走ってみましょう。

タンデムならトップの役割はルートの先導が主で、グループ全員が付いて来ているからなどの気遣いがないので、比較的、楽にトップを走れます。

前に誰もいない道を走る快感は、味わってみないと分かりませんが、それは、「風になる!」と言う表現がぴったりです。

ビギナー同士のタンデムなら、休憩を挟んで代わる代わるトップを走るのも楽しいでしょう。

トップを走って迷ってしまってもイイじゃありませんか。気楽に迷う事を楽しみましょう。スマホと地図があればどこからでも帰ってこれるのですから。

ただし、ガス欠で帰れなくなるなんてカッコ悪い事にならないように、早めに給油しましょうね。

3.女子同士のタンデムはとにかく気楽

ここまでは、タンデムの走り方でしたが、ここからは女子同士のタンデムの楽しさについてお話しします。

女子同士のタンデムは、男子とのタンデムとは違った楽しさがあります。

走りたい所、見たい所、観光の観点などが同じ女子とタンデムすると、楽しさは倍増します。

ライディングスタイルが同じ女子とのタンデムは、とにかく気楽なのです。

自分が休みたいと思った頃には相手も同じように考えている。ここ、見て行きたい! と思ったら相手も同じだった。すごく気楽で楽しいと思いませんか?

女子同士で日帰りで温泉に行くのも楽しいです。峠を走った後に、温泉! 何とも優雅ではありませんか? 温泉ならば、絶対に女子同士がお勧めです。

旅行としてもタンデムはお勧めです。2人で1部屋ならば、ホテルや民宿の予約も取りやすいですし、食事も2人なら楽しいはずです。

女子がタンデムしていると、他のソロやタンデムと出会う事も多くあります。グループよりも、ソロやタンデムの方がお互いに話しかけやすいのです。

初めて会ったライダー達と行き先の情報を交換したり、一緒に走ったりする。写真を取ってアドレスを交換する。素敵な事だと思いませんか?

さあ、気の合う女子ライダーとタンデムで出かけましょう。

ビギナーのツーリング、グループならみんなに守ってもらおう

初めてのツーリング。ビギナーライダーはとかく戸惑いがちです。

どの位置を走ればいいの? ライン取りはどうすればいいの?

もちろん先輩ライダーが教えてくれますが、その前にマナーと常識を押えておくとベターです。

1.グループの人数

グループツーリングは、2列に隊列を組んで走るので、先輩ライダーに前後を挟んでもらって守ってもらうといいでしょう。

初めてのグループツーリングなら、4、5人位で行くのが走りやすいです。6人以上になると団体行動に合わせて走るのが難しくなってきます。

例えば、大人数だと信号に引っ掛かってグループを分断されたり、間に他の車両に割り込まれたりしやすくなります。

グループ全員が信号を抜けられなかった場合、トップを走るライダーは信号の先で一旦グループを止めて、後続が追い付くのを待ちます。

ビギナーを連れてツーリングする時に、待ってくれずに先に言ってしまうようなグループとは、ツーリングする事はお勧めできません。

そういうグループとは、一人で走れる実力が付いてから走りましょう。

2.走行位置

グループのトップは右側を走ります。トップを走るのは、先導者となるのでツーリングルートを押さえた熟練ライダーです。

2番はトップの左後ろ、3番は2番の右後ろで、トップの真後ろを走ります。

ラストの位置は人数によって変わります。グループからの零れ落ちを拾って面倒を見る役割があるので、こちらも熟練ライダーが努めます。

ビギナーライダーや初めてグループに参加するライダーは、3番を走ります。

この位置はトップに近いので、分断されにくく、トップの真後ろですから信号で曲がったりするのも分かりやすいため、安心して走行できる位置です。

ビギナーが複数いる場合は、3番、4番に入れもらいうか、間に先輩ライダーを挿んで6番、7番を走ります。先輩ライダーがビギナーを2人づつ受け持つ形です。

3.ラインの取り方

ライン取りは、前を行くライダーと同じライン取りをします。

コーナーのライン取りは、アウト、イン、アウトと言いますが、これは峠を攻める時で、隊列を組んで走る時は違います。

隊列を組む時は、後続のライダーのラインを邪魔しないように、トップと同じくセンターラインから一定の位置を取って走ります。

ふらふらとしたラインを取るのはマナー違反ですので、気を付けましょうね。

4.走行中の意志の伝え方

通常は、信号待ちの時にトップの横に付けて、ヘルメットのバイザーを開けて大声で話し掛けます。

「そろそろ、給油したい」「どこかでトイレ休憩をしたい」など、簡潔に伝えましょう。

信号がない時は、トップの左前に出て左ウインカーを出し、停止の合図をしてから、ゆっくりと路肩に停止します。

そうするとグループ全体が停止しますので、トップに何がしたいのか意志を伝えましょう。

グループでのツーリングは団体行動ですので、できれば休憩中に「後どれくらいで給油したい」かを、トップに伝えておくといいですね。

そうすると、トップの先導で、他の人も一緒に給油できるのでツーリングがスムーズです。

地図から地形を読み取ろう!ライダーは等高線から地形を予測する

等高線? どこかで聞いた事があるような…。そうです。聞いた事があるはずです。小学校の地理の授業で習っているのですから。

等高線とは地図の縮尺に応じて一定の高度の場所を結んだ線です。

高等線は、地図の縮尺に総じて一定の高度間隔で描かれることが決まっていて、4種類の線があり、縮尺によって線が引かれる高度間隔が違います。

では、等高線の種類を紹介します。

1.計曲線

主曲線の中の5本間隔で引かれる太い実線です。

縮尺毎の高度間隔は20万分の1、5万分の1、2万5千分の1で、それぞれ500m、100m、50mです。

2.主曲線

基準となる線。実線で引かれています。

縮尺毎の高度間隔は20万分の1、5万分の1、2万5千分の1で、それぞれ100m、20m、10mです。

3.第一次補助曲線

主曲線で表せない緩やかな地形を表す線。間隔の長い破線で引かれています。

縮尺毎の高度間隔は20万分の1、5万分の1、2万5千分の1で、それぞれ50m、10m、5mです。

補助曲線は、大きな縮尺のロードマップでは省略させていることが多いです。

4.第二次補助曲線

主曲線や第一次補助曲線で表せない緩やかな地形を表す線。間隔の短い破線で引かれています。

縮尺毎の高度間隔は20万分の1、5万分の1、2万5千分の1で、それぞれ25m、5m、2.5mです。

例を挙げると、富士山の標高は3千776mですから、20万分の1の縮尺では計曲線を含む主曲線が37本引かれてます。

等高線を見ると山の形が分かります。広い等間隔で引かれて入れば低い円錐形、狭い等間隔なら高い円錐形です。

片側が狭くなっていれば、円錐の頂点を狭い方に移動した形です。

では、ライダーは、これらの等高線から何が読み取ればよいのでしょう? それは道路がある場所の地形のイメージです。

等高線と等高線の合間に道路がある場合、山間の緩いアップダウンがある道路である事が予測されます。

また、等高線を横切るように道路がある場合は、等高線の間隔が広ければ緩やかな傾斜、狭ければ急な傾斜の上り、または下りです。

通常、この様な所には××峠と名前が付いています。

これらを頭に入れて地図を見ると、大よその地形のイメージが見えてきます。

地形のイメージが湧くと、初めての道でも、これからゆるく登りながらカーブが続くとか、きつい上りのヘアピンカーブが続くとかが分かっています。

プロのレーサーだって、試合本番でいきなりサーキットを走ったりはしません。まず、コースを見て頭の中で走行イメージを組み立てます。

それから練習走行をして本番に臨むのです。しかし、ツーリングはいきなり本番です。せめて地図を見て走行イメージを思い浮かべて望みましょう。

そうすると、心の準備ができていて、体の反応も違ってきます。キビキビとしたブレーキングに自然なコーナリング。カッコイイと思いませんか?

また、地形が予測できると、走行中どのあたりを走っているのかも把握しやすくなり、ここはどこ? などと言うカッコ悪い事が減ってきます。

初めての道でも迷わないカッコイイライダーは、地図を見ると殆どの地形が予測できるのです。

バイクに乗るなら地図の見方を覚えよう!道路の種類の見方

「じゃあ、明日の朝、7時にルート○○のファミレの駐車場に集合な!」

ツーリング仲間との待ち合わせには、「ルート○○」と言う言い回しが出てきます。「ルート○○」とは、国道○○号線の事です。

そんな事は知っているけど、問題は家から「ルート○○」まではどうやって行くかなの! 道路地図なんて見た事ないし、見ても分からない!

自宅まで誰かが迎えに来てくれればイイけれど、世の中そんな甘い話しばかりではありません。自力で行かなくてはならない場合もあるのです。

そんな場合に備えて基本的な地図の見方を習得しましょう。今回は基本の基本、道路の種類の見方を説明します。

1.赤い線は国道

赤い線は国道で、国が管轄する道路です。1号線や5号などの1桁国道は、舗装も完璧、道幅もそこそこありますので安心して走れます。

注意が必要なのは3桁国道です。国道とは名ばかりで未舗装の酷道もあるので注意が必要です。赤い線が細くなっている部分はありませんか?

地図とは意外に正確に道の状態を表していて、地図上で細くなっている部分は、実際の道幅も細くなっていて、センターラインがない場合が多いです。

赤い線が薄いピンク色になっている部分はありませんか? そこも要注意、未舗装の可能性が高いです。

赤い線が紫色になっている部分はありませんか? そこは完璧に未舗装の悪路です。

2.緑の線は県道など

緑の線は、県道などの都道府県が管轄する道路です。ここもそこそこよい道路が期待できます。

県道などはその地方の財政状態によって、住民の要望に応えて地道に道路の改修や補修を行っているので、結構、走りやすい道路が多いです。

場所によっては、4車線の素晴らしい道路に巡り合える事も多いです。

しかし、ここも国道と同様に線が細くなっていたり、緑色が薄くなっていたら要注意です。補修をしていない悪路に出会ってしまいます。

3.黄色い線、白い線は市道、町道など

黄色い線は、市町村が管理する主要道路です。主要道路なので大体の場合は、舗装された道路ですが、山間を通っている場合は悪路の可能性を嬌慮しましょう。

白い線は、市町村が管理する道路です。市街地ならば舗装されて、場合によっては素晴らしい広さの立派な道路です。

しかし、市街地を離れると細くなっている場合が多いです。山間部の道路なら未舗装の悪路であることを覚悟しましょう。

4.紫の線は未舗装道路

紫色の線は完全に未舗装の悪路です。国道、県道、市道にかかわらず、ライダーでなくても要注意の未舗装の箇所は紫色になっています。

オンロードバイクでダートを走行する辛さ、怖さは経験しないと分からないですが、一度経験すると2度と経験したくないと思うでしょう。

オンロードバイクで紫色の道を走るのは、自殺行為とまでは言いませんが、かなり危険な行為です。

紫色の道路は、熟練ライダーならともかく、オンロードのビギナーライダーには絶対に避けて欲しい道路です。

5.青い線は有料道路

青い線は有料道路です。有料ですのでもちろん未舗装道路はありません。

しかし、有料道路はお金が掛かります。バイクにETCを搭載していれば、スルリと出入りできますが、大抵のライダーは搭載していないのが現実です。

料金所でモタモタとグローブを脱いで、財布を出すのはカッコよくありません。さっとウェストポーチの前面ポケットからお金やカードを出したいですね。

以上、基本の基本の説明でしたけど、初めは誰だって分からないですよね。

走りのテクニックだけじゃない! 地図を見れば大体の道路の状態が分かる。それがカッコイイ女子ライダーです。